同調効果テクニック

集団

ある会社の昼休みに7人くらいので
一人の同僚の話をしています。

 

その中のAさんはその同僚とは仲がよく
友達関係にあったのですが、その集団の中では
嫌われているようでした。

 

「あいついろんな女に手をだしてるらしよ」

「あいつ、裏で女に会社の人間の悪口を言ってるらしいよ」

 

話の中でこんなことを言う人がいましたが、
はじめは「嘘だろ」と流していました。

 

しかし、多くの人が賛同して否定的な事を
話し続けるうちに、本当の様に思えてきて
自分まで否定的感情が芽生えてきたのです。

 

人は大多数派の人達の意見に流され、
同調してしまう傾向があるわけです。

 

ある実験でおもしろいものがあります。

 

10人を用意して、質問をします。

そのうち9人がサクラで一人は
その人たちがサクラとは知りません。

 

10人に3回質問をするのですが、
9人には同じように答えてもらいます。

 

そして4回目に下記のように2つの丸を見せて、
それぞれ見た目が全く同じものであるかを質問します。

 


 

サクラである9人の人達には
「全く同じものである」と答えさせ、

サクラではない一人がどういう回答をするか調べたら、
どう見ても答えは違いがあるにも関わらず、
他の9人と同じように、「違いはなく同じものである」
と回答してしまったのです。

 

これを心理用語で「同調効果」と言います。

 

人は周囲の意見に強く影響を受け、
流されてしまいやすいのが分かります。

 

あなたが間違った方向に流されない為にも常日頃、
「メカニズム的に影響を受けやすいのが
人間だから流されてはいけない」
と意識しておく必要があるでしょう。

 

しかし、心理を人間関係において
うまく利用する方法もあります。

 

その方法を一つ説明しておくと、
あなたの職場のおしゃべりで、
知り合いの多い人と仲良くなっておきます。

 

そうすると、自分の仲のいい人ということで
あなたのいい部分を話してくれる可能性が高まります。

 

そうすると、基本、集団の中で否定をする人は少数派ですので
大体が無難に、「そうだよなぁ、あいついい奴だよな」
と合わせてくれます。

 

それを多くの人が言えば言うほど、
あなたの人気が上がるというわけです。

 

こういったテクニックを使うのも一つの方法ですので
覚えておいてください。

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


モデルの活動をしながら 人間関係&恋愛コンサルタントをしています。 よろしくお願いします。

 



詳しいプロフィール


私の思い出

ハリウッド映画監督アーロン氏との会食

その時の様子はこちら

台湾NO1プロデューサー主宰のパーティーに出席

その時の様子はこちら

お問い合わせ

対人関係などの悩み