ツイッターで知り合った介護師はすごかった

sugoiak

カリスマ恋愛コンサルタントの飯田さんより

sugoiak
私はツイッター経由で月に多くて5人くらいの女性と出会って
男女の関係になっているのだが、
そこで出会う子達というのはセ○クスがとても激しい子が多い。

 

介護師をやっている子は特に激しかったのを覚えている。

 

基本的にみんな激しいのだが、
何故、ツイッター経由で男女の関係になった子というのは
激しいのだろうか?

 

とても興味深いデータだよね。

 

私なりに、調べ、分析した結果、
これは、人間の脳内メカニズムの一つで
アドレナリンが通常の出会いと比べ
多く出るからだという結論にいたった。

 

分かってしまえば単純で、
どういうことかと言うと、
日ごろあまり経験したことをないことをすると、
脳が刺激を感じて興奮状態に陥る現象を起こす。

 

「ツイッターで男と知り合って、デートをして
その日のうちに関係を持つ」という行動って
普段あまりやらない要素満載だよね。

 

だから女が普段よりエロさを爆発させる。

 

女は普段、性欲を隠しているし、
隠さなければいけないという
風潮が昔からあるため、それを解放された時の
反動というのはすごいものがある。

(それを踏まえた上でも介護師の
子はちょっと異常だったが(笑)

 

しかも別に会社や学校など普段の生活にて
共通するものがないため、
その後のケアを一切考えなくて済むため、
女性側も素直に自分の欲をぶつけてくるわけだ。
「こんな恥ずかしい部分見せて、会社の知り合いに
飲んだ時とかに言われないかな?」

とか考えなくて済むから。

 

なので、タチが悪い場合だと、ちょっと心を開いたら
一気にテンションが高くなって
下品丸出しで下ネタ連発したと思ったら
「やばい、超でかそう」とち○こを
軽く叩いてくるような子もいた。

 

女という生き物は男が思っている以上に
元は上品とはま逆の性質を持っている。

 

普段、それを隠してるに過ぎないから
上品で清楚だというぱっと見の雰囲気だけを見て
近寄りがたい存在という男の多くが抱いている
固定概念は捨てるべきなのである。

 
だって、それによって、
躊躇しなくていいところで、躊躇して
手に入れたい女に近寄ることすら
できないなんて損以外なにものでもない。

 

チャンスを逃す結果になってしまう。

 

話を戻して、ツイッター経由から知り合った
女性の夜の姿はすごかったという話。

 

それだけ多くの女性は普段、刺激を感じていないわけ。

退屈してる状態。

 

だから、ちょっと非日常なことをするだけで
ものすごく脳内が刺激される。

 

少し前に私にメールをくれたある夫の
そのメール内容の一部に、

「2年ぶりに妻と旅行に行きました。その夜の営み中の
妻は同一人物とは思えない様な豹変ぶりで驚きました」

とあったが、正にこれが脳内刺激。

 

特にツイッターは
そういう刺激を求めてる女を探しやすく
最近では、その探して知り合い、実際にデートをして
豹変ぶりの違いを楽しんでるわけだが、
ほとんどの男はツイッターで女性と知り合って
リアルに会って親密になることが出来ていない。

 

その結果、ダメな男が多い理由から、
「ツイッターはそういう相手を探す場所ではない」
という情報が飛び交っている。

 

私としてはありがたい。

 

だって、
ツイッター=女と会えない
という認識が強まれば強まるほど、
独占市場になるから。

 

では何故、私がいとも簡単に
————————–
退屈で刺激を求めている女性を
—————————-
ツイッターで見つけ実際に会って即日、
————————————-
男女の関係になり普段とは別人のなるくらい、
—————————————–
その女性を豹変させることが出来ているのか?
——————————————–

 

それは簡単な話、第一関門を突破できるから。

 

この第一関門を超えない限りはツイッターで
いい女と男女の関係になるどころか
知り合う事すら出来ない。

 

にも関わらず、みんないきなり
第2関門から突破しようとする。

 

だから、知り合えない。
断言できる。
この第1関門さえ突破できれば楽勝なのだ。

 

次回はこの第1関門についてお話する。

 

 

 

 

【真梨子おすすめ!】

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



モデルの活動をしながら
人間関係&恋愛コンサルタントを
しています。

1000人以上の方が職場や学校などでの 人間関係で悩む事がなくなった方法を あなたも学びませんか?

詳しいプロフィール


お問い合わせ

対人関係などの悩み