人間関係の悩みで多いのがつまらないレッテル

リラックス談笑

人間関係の悩み相談で、

自分にはユーモアセンスがなくて困っている
真面目すぎてつまらないようで、周囲の人が
絡みづらそうにしているのが、ヒシヒシと伝わってくる
ということで相談をしてこられる方が結構います。

 

人間関係を円滑に運ぶ上で、
ユーモアが言える人と言えない人とでは
歴然とした差が生じます。

 

ユーモアセンスと聞くと、
生れ持った才能」と思っている人が非常に多いのですが
そんなことはありません。

 

ダウンタウンのように人を爆笑させるとなると
それは才能が必要となってくるのは間違いないですね(笑)

 

でも、あなたが使うのは日常生活で
人間関係で悩まなくていい程度の
ユーモアレベルです。

 

コミュニケーションを取ってる際に
クスっとした、ちょっとした笑いで
相手を一瞬でも和ますことが出来ればいいのです。

 

それができるだけで、人気者になれます。

 

しかも、それくらいでしたら
ちょっと練習すればできるようになります。

 

例えば、職場の女性から
おはよう」と声をかけられたら、

 

あ、おはよう。今日寝てないから○○さんが
 一瞬、上戸彩に見えた(笑)サインくださいって
 いいかけましたよ(笑)

 

こんなちょっとしたジョークが言えるかどうかで、
あなたが職場や学校で人気者になれるかを左右します。

 

たった小さなジョークを日常会話で
自然に言える人は少ないんですよね。

 

特に日本人はユーモア力が低い。

 

ということは、チャンスだと思いません?

 

だって、ちょっとユーモア力をつけるだけで
人気者になれるわけですから。

 

本屋に行くと、ジョーク集がありあまるくらい並んでいるので
まずは、それをかたっぱしに読んでみてください。

 

それをどんどんインプットして、
ちょっとした日常会話の中に入れるという
アウトプットを行う。

 

それを繰り返し練習してみてください。

 

それから覚えておいてほしいのは、
あなたもよく笑うように心がけておいてください。

 

よく笑う人というのは好感度が
高いのはもちろんのことなんですが、
経済的にも裕福になっていっているという
統計も出ているのです。

 

いいことだらけですね。

 

 

 

【真梨子おすすめ!】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


モデルの活動をしながら 人間関係&恋愛コンサルタントをしています。 よろしくお願いします。

 



詳しいプロフィール


私の思い出

ハリウッド映画監督アーロン氏との会食

その時の様子はこちら

台湾NO1プロデューサー主宰のパーティーに出席

その時の様子はこちら

お問い合わせ

対人関係などの悩み