ママ友とのトラブル

トラブル

ママ友とのトラブルに関して相談メールがきましたので
シェアしたいと思います。

 

<Wさんからの質問>

こんばんは。Wと申します。
初めてメールしますが、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

長くなりますが、私の悩みを聞いてください。
もうすぐ40才。二人の娘をもつ母です。

いい歳をして、またしてもグループから抜ける決意をしました。
そのグループとは、ママ友と三年間やってた
テニスサークルのグループです。

私は、小さい頃からおとなしく、家族のなかにいても、
学校でも、いわゆる『存在感の薄い子』でした。
小学五年の時は引越しで新天地へ。
最初は人気者のようにチヤホヤされましたが、
一ヶ月をすぎるあたりからいじめにあいました。

クラス全員に無視されました。周り全員が敵に思い、
でも、学校は休まずに行きました。とてもつらく寂しかった。

結局、半年ほどで引越しをすることになりましたが、
対人恐怖症になってしまい、人と深く関わることを避けはじめました。

中学、高校、大学、社会人。人と仲良くなりたいのですが、
そう思いつつ、旦那以外とは、人とうまくいったためしがありません。

親子関係も悪いですし。

いつもパターンは同じ、、、

最初はチヤホヤされますが、いつも、
リーダー的な人から嫌われてしまい、それがだんだん飛び火して、
いつの間にか一人ぼっちになるというパターン。

いつも自分が小バカにされてイラっとするので、
人には失礼のないように、と神経使うので家にもどるとヘトヘトです。

なのに嫌われる。

このグループでも、すっかり嫌われ者になってしまった、と感じました。

グループをやめる決意をメールで告げると、、、
全体メールでまわしましたが、一人をのぞいて、
それぞれ個々に『なんで相談もなしに?水くさいじゃない』
的な優しい返信をくれました。

ただ、その二面性が、余計に憎らしく思います。
みんなといるときは、無視するくせに。と。

来週水曜日、ご丁寧に送別会をしてくれる、ということです。

はじめは断りましたが、押し切られました。

何を言われるか、内心ビクビクです。

やめる理由は、もう、疎外感を感じたくない、
これ以上いじわるなみんなを見て嫌いになりたくない、
というのが正直なところですが、
もちろん本当のことを言うつもりはありません。

腕の痛みを理由にやめることを押し切るつもりです、、、

子どもが同級生なので、絶対にもめたくないのです!

後腐れなく、いい別れにしたいです。

私は言葉が出にくい、という悪癖があり、
グループの皆はとてもおしゃべりなので、まりこさんの言う、
50%は自分の話をする、ということができる自信がありません。

水曜日のランチでは、色々と質問攻めにあうと思います。

心のもちようと、いじわるやからかいを
サラッと交わせるウイットな言い回しなどを教えてください。

今、私が一番欲しいもの。それは人からの尊敬と信頼。

寡黙でも存在感のある人はたくさんいらっしゃいますよね。

私には、そうなれないのでしょうか。

まずは、また会いたくなるような一言を言いたいです。

お忙しい中、申し訳ありませんが、アドバイスをください。
 

<私の答え>

まず結論から!

あなたが、コミュニケーションが苦手によることで
寡黙でも存在感を出して尊敬を勝ち取りたいという方向に
逃げる事はやめた方がいいです。

 

尊敬される人間は、寡黙でも
コミュニケーション能力に長けている人が
ほとんどです。
ですので、頑張ってコミュニケーション能力を
磨かれる事をおススメします。

 

確かに、ママ友集団というのは、ドロドロしていて
人の陰口で盛り上がることがよくあるという報告を
私もたびたび受けています。

 

嫌になる気持ちも分かります。

 

あなたがいじめの標的にされているなら尚のことでしょう。

 

ただ、今回そのグループから抜けたとしても
今後、同じような集団の中に入った時、
また嫌な思いをするといった繰返しを
しない為にも一つアドバイスをさせてもらいます。

 

そういった集団の中でいじめの標的にならず、
上手くやっていく秘訣は、
その人に対して強引に具体的な褒めをすることです。

 

仮に、誰かの悪口を言われたとしても
それに対して、違う切り口で
その人を褒めてあげます。

 

例えば、

 

あのAさんってさぁ、知ってる?
ものすごくケチで有名なんだよ

 

こう、あなたに話を振られたとします。

 

そしたら、

 

○○さんって、ケチな人が嫌いってことは
 細かい事気にしないタイプそうだから
 友達多そうですよね。うらやましなぁ

 

このように、アウトプットしてきたネタから
強引に相手の褒めにつなげる。

 

そうすることによって、
自分の話にのってくれた感覚になるし、
褒めらていい気分にもなります。

 

あなたに対して、悪い印象なんてつくはずありません。

 

1対1でやることがコツです。

 

大勢の中でみんなを褒めても、あまり意味がないですから。

 

それから、自分の話ができないとの事でしたが
相手がおしゃべりで話せないということであれば
問題ありません。

 

というのも、人と言うのは自分が話したい生き物だからです。

 

相手から話してくれてる方が都合がいいわけです。

 

それを聞いてくれる人に対して好感を持つ訳ですから。

 

最後のランチに関しては、
もう今更、仕方のないことですので割り切って、

 

いろいろあるんですよねぇ、
主人の仕事が忙しくなったり(笑)

 

と流し、コミュニケーションの練習台として
考えればいいのではないでしょうか。

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


モデルの活動をしながら 人間関係&恋愛コンサルタントをしています。 よろしくお願いします。

 



詳しいプロフィール


私の思い出

ハリウッド映画監督アーロン氏との会食

その時の様子はこちら

台湾NO1プロデューサー主宰のパーティーに出席

その時の様子はこちら

お問い合わせ

対人関係などの悩み