職場で無視をされる人の特徴

3人手を合わせ

職場で無視をされる人というのは
空気が読めない、気が弱そう、内向的
などなど、さまざまな原因がありますが、
原因は、コミュニケーション能力不足にあります。

 

人と言うのは、特に深く考えて人を嫌ったりせず
ちょっとした雰囲気だけで「あいつ嫌い」となるものです。

 

雰囲気が生意気など、それだけでもアウトで
集団での無視の標的になることも
多々あります。

 

しかし、結局は本人のコミュニケーション能力不足なわけですね。

 

日本人のほとんどは、
自分から話しかけるということをしません。

 

相手からアクションをとってもらえれば
笑顔で応えて、良い振る舞いができますが
自らするという人が少なすぎます。

 

これって人間関係において
かなり損をしてしまっているのです。

 

相手からしたら、
絡みにくくてあったものじゃない。

 

沈黙というのは、相手に嫌悪感を引き起こす原因の一つです。

 

フレンドリーな国(アメリカなど)で
日本人は何を考えているのか分からない
とよく言われるのは、このせいでもあります。

 

イギリスの名門大学で、2つのグループにわけて
ある実験が行われました。

 

人気者のグループと嫌われ者のグループを分けて
その二つの特徴をそれぞれ出した所、

人気者のグループの人達の特徴は、
嫌われている人達のグループの人達と比較して、

自分から相手と積極的に繋がろうとするアクション
7倍もとっているというデータが出ました。

 

また、「関係悪化を修復するアクション」も3倍以上出ています。

 

これを見れば核心部分がよく分かります。

 

要するに、コミュニケーションの基本は
自分から積極的に話すということです。

 

これができるかできないかによって
人気者になれるかなれないかが決まると言っても
過言ではありません。

 

ましては職場で無視されるなんてことはないでしょう。

 

なぜなら、それができる人が少なすぎるからです。

 

どのように話せば好感度が得られるのかについては
私の無料レポートに細かく記載されていますので
記事最下部のメルマガよりお受け取りください。

 

 

 

【真梨子おすすめ!】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


モデルの活動をしながら 人間関係&恋愛コンサルタントをしています。 よろしくお願いします。

 



詳しいプロフィール


私の思い出

ハリウッド映画監督アーロン氏との会食

その時の様子はこちら

台湾NO1プロデューサー主宰のパーティーに出席

その時の様子はこちら

お問い合わせ

対人関係などの悩み