反応が薄い人が嫌われるワケとは?

反応が薄いタイプの男

人から質問されても、
「はい、ここはこうです。では」
といった感じに常に事務的な返ししかしない、

あいさつされても無表情、

人が笑ってる時でも無表情、

 

こういったタイプの人は嫌われます。

 

反応が薄いタイプの人は、
相手からすると、絡みにくいのです。

 

あなたは、悪気があるわけではないかもしれませんが、
周囲の人は、自分たちに興味がないように見えてしまいます。

 

人に興味を示さない人が好かれるはずがありません。

 

孤立していってしまう。

 

シンプルですが、人と話すように心掛ける事です。

 

あなたから自発的に相手に話すようにするだけで
相手は自分に対して好感をもっていると認識されます。

 

自分の事を好きな人を嫌うことなんて、あまりありません。

恋愛となると話は別ですが…

コツは、一つ、どうでもいいような話を
つけ加えることをしてみてください。

 

例えば、

「この書類の欄は空白のままでいいの?」

と仕事中に聞かれたら、

 

説明後、

「がんばってるね。オレも見習わねーと(笑)」
仕事内容には直接関係ないことですが、
この一言をつけるだけで、相手との関係は良好になります。

 

これがコミュニケーション能力ですね。

 

自分から話す時でも、例えば、
相手が髪を切って出社してきたら、

「あ、髪切ったんだ、さっぱりしたじゃん。」

と一言話しかけるだけで、
人間関係を円滑にする上で大いに役立ちます。

 

それがきっかけで、相手が会話を広げてくれ、
コミュニケーション量が増えます。
ザイオン効果といって、人は、何度も接する相手に
好感を持つというメカニズムになっています。

 

どんどんとコミュニケーションの頻度を上げて行き、
周囲との人間関係を深めて行きましょう。

 

 

 

【真梨子おすすめ!】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


モデルの活動をしながら 人間関係&恋愛コンサルタントをしています。 よろしくお願いします。

 



詳しいプロフィール


私の思い出

ハリウッド映画監督アーロン氏との会食

その時の様子はこちら

台湾NO1プロデューサー主宰のパーティーに出席

その時の様子はこちら

お問い合わせ

対人関係などの悩み